ニュースリリース

機関投資家のオルタナティブ投資動向 2018(不動産/プライベートデット投資)

三菱商事アセットマネジメント株式会社(以下「当社」といいます。)では、ご投資家の皆さまにご協力を戴き、昨年に引き続き、オルタナティブ投資動向に関するヒアリング調査を実施致しました。

調査の実施期間は2018年9月~12月で、全国の地方銀行を中心とする金融機関投資家及び年金基金を対象としたオルタナティブ投資状況に関するヒアリングを実施し、133社から回答をいただきました。

本調査においては、ご回答を戴いた133社の内、94%の投資家様が既にオルタナティブ投資を実施しておられます。
本調査では、中央金融機関を除く、その124社に対して、不動産投資、プライベート投資の2つの領域に焦点をあて、その投資実績や投資選好について詳細な調査を実施しております。

<オルタナティブ投資動向2018>



このレポートは投資勧誘を意図して提供するものではありません。このレポートの掲載情報は信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではございません。また、記載された調査結果、意見、予測等はアンケート調査並びに作成時点のものであり今後予告なく変更されることがあります。内容に関する一切の権利は三菱商事アセットマネジメント(株)にあります。無断での複製・転載・転送等はご遠慮ください。